本文へスキップ

津山市高野本郷にある歯科医院 あさひ歯科クリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0868-26-9582

〒708-1125 岡山県津山市高野本郷2435-1

  よくある質問Q&A

皆様からよく頂く質問の回答をまとめました。


むし歯について

Q.どうしてむし歯になるのですか?

ごはんやお菓子を食べた際、そのカスなどお口の中に残っていると、お口の中にいるむし歯の原因菌が食べカスに含まれた糖分を分解して酸を作ります。この酸によって歯が溶ける病気が「むし歯」です。細菌のほとんどは糖分と接触した時点で瞬時に酸をだすので、食後はできるだけ早めに歯を磨くことがむし歯の予防につながります。


Q.むし歯になりやすい体質はありますか?

体質よりもむし歯になりやすい生活環境が一番の要因だと言えます。いつも甘いものを口にしていたり、ダラダラと食べる習慣がある人はむし歯になりやすいので、甘いものが食べたい場合は、時間を決めて食べるようにした方がいいでしょう。


Q.むし歯にならない方法はありますか?

毎日の歯磨きをしっかりとする。そして、定期健診を受けて頂くことです。歯磨きをしなかったり、きちんと磨けていないとむし歯菌を含む細菌の塊であるプラーク(歯垢)ができたり、歯茎が腫れたりします。また、歯磨きは歯並びなどによって、磨きにくい場所もありますので、一人ひとりに合った歯磨きの方法をお伝えします。


Q.子どもがむし歯にならないように気を付けることはありますか?

乳歯が抜けて、大人の歯が生えたばかりの時期はむし歯になりやすいので、歯科医院での検診やフッ素塗布をおすすめします。


Q.キシリトールガムを食べていればむし歯になりませんか?

キシリトールはむし歯の原因菌が分解することができません。したがって、歯を溶かす酸を出すことが出来なくなります。しかし、日々の食事や飲み物などに砂糖が含まれているので、キシリトールガムを多く摂取したからといって完全にむし歯を予防することはできません。キシリトールは補助的なものと考えて下さい。


歯周病について

Q.歯周病とはどんな病気ですか?

お口の中の歯周病菌の出す毒素によって歯茎の腫れや出血、口臭や歯がグラグラするといった症状が現れます。進行しますと、歯を支える骨が無くなり歯が抜けてしまうこともあります。自覚症状が無いまま進行することが殆どで、自覚症状が出てくる頃には重症化していることが多いのが特徴です。



Q.歯周病は治りますか?

ご自宅での日々のケアと定期的な歯科医院でのケアが重要です。軽度であれば、歯と歯の周囲をきれいに保つことで歯茎の炎症が改善され、ブラッシング時の出血がなくなり、歯茎の腫れも改善します。残念ながら、病状が進行している場合には外科的治療が必要になる場合もあります。一度悪くなってしまうと、簡単には治らないので、歯周病にならないように予防することが重要です。


    

Q.歯石はどれくらいの期間でとった方がいいですか?

歯並びや生活習慣などにより個人差がありますが、3か月〜半年に1回程度が望ましいです。お口の状態によって期間のご相談をさせて頂きます。


妊娠中の治療について

    

Q.妊娠中ですが、治療は受けても大丈夫ですか?

歯科治療を行えない時期というものはありませんが、つわりや治療によるストレスを考えると、比較的安定している6か月〜8か月が望ましいです。


    

Q.妊娠中は、むし歯になりやすいというのは本当ですか?

妊娠期は女性ホルモンの変化、食生活の変化、つわりのために歯磨きが困難になるなど、むし歯や口腔内のトラブルが起きやすい時期です。そのため、今まで以上にお口の中を清潔に保つことが重要となってきます。つわりで歯磨きが困難な場合は歯ブラシの種類を変えたり、デンタルリンスを使うなどの方法もありますので、ご相談ください。また、お母さんだけでなく、生まれてくるお子さんのためにも妊娠前から定期的な検診を受けておくことをおすすめします。


あさひ歯科クリニックあさひ歯科クリニック

〒708-1125
岡山県津山市高野本郷2435-1
TEL 0868-26-9582